風水 PR

【開運】金運アップのお財布選び・使い方

記事内に商品プロモーションを含む場合があります。

お金に対する心がけ一つで、お金がどんどん貯まり始める賢いお財布の使い方とは?

簡単に金運をあげる方法は巷に色々溢れています。

新しくお財布を購入する際に、どんな色や形が良いのか、「金運アップのお財布」について、調べてからお財布を購入する人もいるかもしれません。

お財布を替えるだけで金運が上がって、収入が上がるなら、こんなに楽な方法はないですよね。

今回は、「金運を上げるお財布」の条件を調査し、紹介していきます!

この記事を読んでいる方の中には、「金運アップ」や「金運を上げる方法」といった言葉が気になったのではないでしょうか。

金運をあげると言ったら、真っ先に思いつくのが「お財布」という人も多いかもしれません。

それは毎日使う必須アイテム、といえば「お財布」だからです。

そんなお財布ですが、あなたは何色を使っていますか?

気付けばいつも同じ色ばかり…という方も多いのではないでしょうか。

実は、お財布の「色」と「運」には深い関わりがあるんです。

また、長財布と二つ折り財布ではどちらがお金が貯まる財布なのか?

風水的には「長財布がいい」といわれていますが、その理由を知っていますか?

お金が貯まりやすい財布というのはいくつかポイントがあるので、そこさえ押さえておけば二つ折り財布がNGというわけではありません。

キャッシュレス化が進んで財布の小型化が進んでいる今、「二つ折り財布にしたいけど、風水を考えるとなかなか長財布から切り替えられない…」と悩んでいる方もいるはずです。

この記事では、風水的にお金が貯まる財布のポイントと、長財布・二つ折り財布のメリットとデメリットを紹介していきます。

金運を上げる方法を知って金運アップしたい!お金持ちになりたい!そんな方は、ぜひ自分に合ったお財布選びの参考にしていただければ幸いです。

長財布と二つ折り財布はどっちがいいの?

▼このコラムを読んでもらいたい方

・長財布と二つ折り財布のどちらを買うか悩んでいる方
・金運をアップさせる財布を持ちたいという方
・長財布と二つ折り財布のそれぞれのメリット&デメリットを知りたい方

▼このコラムで得られる情報

・金運アップに長財布が良いと言われる理由
・二つ折り財布でも金運をアップさせる方法
・お札の入れ方で運気アップする方法

風水的に長財布と二つ折り財布では、「長財布の方が金運によい」と言われています。

まずは、長財布が良しとされる理由から見ていきましょう。

「長財布が金運によい」といわれる理由として、「お札を折らずに収納できる」点と「整理整頓がしやすい」点が挙げられます。

風水で財布は【お金が住む家】と考えるため、人の家と同じように広々としていて、居心地がよいように整理整頓するのが大事と考えられているのです。

だからといって、二つ折り財布がNGというわけではありません。

たとえば、キャッシュレス派でお札を持ち歩かないという方なら、二つ折り財布でお札に折り目が付く心配をせずに現金を持ち歩くことができます。

近年のキャッシュレス化にともない財布のコンパクト化も進んでいますから、ミニ財布やコンパクト財布も近年人気です。

時代に合わせて財布を選ぶというのも大事なポイントです。

お札も収納したいけれど、二つ折り財布を持ちたい方は、お金が喜ぶ財布のポイントを押さえておけば問題ありません。

次でご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

金運アップに長財布が良いと言われる理由

お札を大切に扱うと、お金が貯まりやすくなると言われます。

「お金は天下の回りもの」という言葉があるように、常にお金は人の間を巡っているもので、出て行ったお金は回り回って、いつかは自分の元へ帰って来ると言われています。

一度出て行ったお札がまた戻ってきてくれるよう、お札はきれいな状態で保管しておくのが理想なのです。

お札を折らずに入れられる長財布がそういう意味では良いと言われるのです。

また、風水では二つ折りや三つ折りのお財布はお札に折り目が付くため、お金を大切にする意識が低くなると考えられているようです。

最近では比較的小さなお財布でも、スペースにゆとりを設け、お札を折らずに入れられるタイプも登場していたり、メインを長財布にして、サブとしてミニ財布を併用することは風水的にも良い使い方です。

二つ折り財布でも金運をアップさせる方法

二つ折り財布を買ったらやるべきことは、次の3つです。

①しばらく寝かせて使う

財布を新しく購入したらすぐに使い始めるのではなく、寝かせてから使うとと金運アップするといわれています。

机の引き出しや金庫など、暗くて涼しい場所ならどこでも構わないので、新札の1万円を入れて保管しましょう。

お金の気が溜まる「北」の部屋で保管すると、さらに運気アップが期待できます。

また、寝かせる期間は7日から14日で、最も良いとされているのは「9日間」です。

「9」という数字には、金運アップの効果があるので、新札の1万円を入れた新しい財布を暗くて涼しい北の場所に9日間保管してから使いはじめましょう。

②財布は吉日に使い始める

  • 寅の日(とらのひ)
  • 一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)
  • 天赦日(てんしゃにち)
  • 甲子の日(きのえねのひ)

寅の日は、12日ごとに訪れる吉日の一つ

昔からトラは金運アップの象徴といわれていて、現在でも名残が残っていることから財布を使い始めるのに良いとされています。

寅の日は1年に約30回訪れるので、財布を使い始める日として要チェックです。

一粒万倍日は「一粒の籾(モミ)からたくさんの実がなった稲穂になる」といった意味合いがある吉日です。

一粒万倍日は1年に60回以上あって、1ヶ月の中でも数回訪れます。

天赦日は、1年でたった5回程しか訪れない最も貴重な吉日です。

金運アップを目指すの最適な日で、全ての物事がプラスに働くとされています。

甲子の日は、金運の神様とご縁が深くなる吉日

1年で約6日しか訪れない貴重な日なので、カレンダーを要チェックしておきましょう。

甲子の日は、低迷した金運をリセットしてくれて、上昇させる効果まであるので、今まで金銭トラブルを抱えていた方が財布を買い替えて使うのに最適な日になること間違いなし。

お札の入れ方で運気アップする方法

風水では、お札の入れ方が金運に影響を与えると言われているので、運気を上げるお札の入れ方を見ていきましょう。

①お札の向きを揃えて入れる

お札の向きを揃えるのは、金運アップに重要な行動となります。

お金を大切に扱っていることや、管理を徹底しているとされているため、金運アップのゲン担ぎとしてお金持ちの方が実践している傾向にもあります。

風水の世界では、お札の向きには重要な意味があると考えられているため、お札は上向きが良いという説や、あるいは下向きが良いという説を聞いたことがあるかもしれません。

ちなみに、お札の向きは上向きでも下向きでもどちらでもOKなので、実用面も考慮して、自分が良いと思える向きに揃えるようにしましょう。

なお、どちらの向きにする場合も、お札の裏表を一定に揃えるよう心掛けてください。

<お札を上向きに入れる>
お札に書かれている肖像画の頭部分を上にした入れ方をいいます。

これはお金が出ていっても、世の中を回ってまた自分に戻ってくると考えられていて、財布の中身が見やすいので、金額がいくら入っているか確認しやすいといった実用性のメリットもあります。

<お札を下向きに入れる>
お札の肖像画が財布の底面にある状態をいいます。

風水ではお金が出ていきにくく貯まりやすくなると言われていますが、実用面では金額が確認しにくくなるといったデメリットもあります。

どちらにしても、お札の向きを揃えることで金運アップの効果を期待できるので試してみる価値ありです。

② お札を種類ごとに揃え、金額が高いお札は内側に

お札が種類ごとに揃って入っていると、今いくら入っているかが一目で分かります。

また、お金を入れる順番も金運を上げることにつながり、風水では金額が大きい方がパワーが強くなるため、「一万円、五千円、千円」と順番通りに並んでいるとお金が貯まりやすくなると言われています。

お札の向きに加えて、内側に1,000円札を入れて外側に向かって5,000円札10,000円札と大きなお札を並べて入れるように、お札の並べ方にも気をつけると更に金運アップの効果が期待できるといわれているので、ぜひ実践してみてください。

風水からみた金運が爆上りするお財布の選び方

▼このコラムを読んでもらいたい方

・どんなお財布を使えば金運が上がるか悩んでいる方
・お財布にまつわる金運の噂を知りたい知りたい方

▼このコラムで得られる情報

・金運が上がる色のお財布は何色
・本革のお財布が良いと言われる理由

金運が上がる色のお財布は何色

風水では、色によって期待できる効果が異なります。財布選びで一番悩んでしまう「色」について、風水的な効果を見ていきましょう。

黄色

金運アップの定番の色として知られている黄色は、プラスの気が強く、強力なパワーで金運を押し上げてくれます。

一方、金運を引き上げる力が強い分、出費が多くなる可能性もあるため、出ていくお金も増えがちなので、使いすぎないよう注意が必要なカラーです。

ピンク

ピンクは女性的な印象が強く、風水的にみると恋愛運のパワーが強い色で、安らぎの効果が強く、人付き合いや人間関係の面で効果アップが期待できます。

また、オレンジがかった優しいピンク色には、より明るさや人を惹きつける力があるので、人付き合いを改善したい方や、恋愛を頑張りたい方にはおすすめのカラーです。

ゴールド

「金色ゴールド」はまさにお金の色そのもので、風水的に金運アップにもっとも適した色で、お金や富、成功や繁栄の象徴の色であり、太陽の色とも考えられるゴールドは、プラスのエネルギーがとても強い特徴があります。

しかし、金運を強力に押し上げてくれる力が強いゴールドですが、黄色と同様に、その力強さから出ていくお金も多くなる傾向にあるため、「金は天下の回り物」のように、お金をどんどん循環させたい方におすすめの色です。

風水的に「金」の気を持っている白色は、金運アップに効果的な色であるに加えて、「浄化」の力も兼ねているので、入ってきたお金を浄化してお金の流れを整えるといった効果があります。

特徴として、すべての色のなかで一番明度が高く、ほかの色を組み合わせることでより効果を高める特徴があり、すでにメインカラーをほかの色で決めている場合、白と組み合わせてより高い効果を狙うのもおすすめです。

黒色は財布にも人気色であり、浪費を防ぐ効果があるとされています。

黄色やゴールドのように収入・支出共に増やすような働きというより、黒色にはお金をその場で留める効果が期待できます。

このため、「入ってきたお金をすぐに使ってしまう人」「財布のヒモを固くしたい」と思っている人には、黒色の財布が向いています。

ネイビー

ネイビーは冷静な判断力の象徴とされ、成長運や仕事運を後押ししてくれる色から、ビジネスシーンにもマッチする色であり、男女問わずネイビーの財布は人気があります。

また、ネイビーの財布は仕事運がアップし、金運アップも期待できるうえ、さらに人間関係において信頼されやすい色でもあるので、仕事を頑張りたい方に特におすすめカラーです。

冷静な判断力の象徴とされるネイビーは、成長運や仕事運を後押ししてくれる色です。ビジネスシーンにもマッチする色であり、男女問わずネイビーの財布は人気があります。

ネイビーの財布は、仕事運がアップし、金運アップも期待できます。さらに人間関係において信頼されやすい色でもあるので、仕事を頑張りたい方に特におすすめです。

「赤字」を連想させるため、財布ではタブーとされがちな赤色ですが、炎の色であり情熱の象徴でもある赤色は、仕事運や健康運、さらに人気運アップに効果的です。

赤色はお祝いごとでもよく使われたり、風水的に縁起がよい色といえるため、エネルギッシュな1年にしたい方におすすめです。

オレンジ

黄色やゴールド、茶色の中間色であるオレンジ色は、金運アップに効果的で、オレンジ色にはポジティブな力が強く、人間関係を良好にしてくれる効果もあります。

対人運アップに効果的なオレンジは、夫婦関係を改善してくれる効果もあるので、「最近人間関係がうまくいっていない」「パートナーとケンカが増えた」そんな人は、オレンジ色の財布がおすすめカラーです。

本革のお財布が良いと言われる理由

風水では、本革の素材を使った財布が金運を高めると考えられています。

その中でも金運アップの効果が非常に高いといわれているのが、蛇やワニの革の財布です。

蛇は脱皮をくり返す性質を持っていることから、「蛇革の財布を持つと蛇のようにお金を再生できる」と信じられています。

また、ワニは噛む力が強い生き物なので、「ワニ革の財布を持つとワニが噛むようにお金を掴んで離さない」といわれているからです。

口コミや評判は

当サイトに寄せられた口コミや評価を紹介します。

A さん

金色の財布で金運がアップしたように感じます。疑ってしまう自分も最初はいたので気持ちは分かります。でも、物は試しに財布を買ってみてキレイに使ってると愛着も湧くし後悔はしないと思います!

K さん

お財布がレシートやカード、小銭で一杯にならないように注意しています。
これからお金に好かれる財布になるために!

T さん

長財布に変えてからお札は折らないようにしています。銀行に行けばピン札に変えて汚いお札から使うようにしています。もちろん向きは顔が下向けになるように合わせています。
お金がゆっくり長居したくなる環境のために、すっきりしたお財布を心がけています。
友達にはやりすぎと言われましたが(汗)慣れると普通です。

U さん

風水的に金運UPには悪いと言われている茶色の財布から黄色に変えました。なんとなくですが家計が潤ってきました。

F さん

お金に恵まれたのか分かりません。金運は財布を変えるだけで変わるとは思えません。

新しい財布に綺麗なお札がたくさん入っていたら、Happy♪
神様の力を深く信じなくても風水に少し頼りにお財布で金運UPを狙っている人は多いです。

お金に好かれる人は絶対にやらないお財布の使い方

「お金」について持っているイメージは人それぞれ違いがあります。

たとえば、「人生を豊かにしてくれるもの」「あればあるほど嬉しい」というイメージを持っている人もいれば、「汚らわしいもの」「たくさんあると人を不幸にする」と思っているお金に対するイメージがあります。

ですが、本来お金はただの「道具」にすぎず、お金に対して少しでもネガティブなイメージを持っているのならば、まずは、お金を、人生に幸せを運んできてくれる「道具」として好きになることから始めてみましょう。

レシートを入れっぱなしにする

財布はお金の家ともされるため、お金に居心地のいい環境を作ってあげるのがベストです。

そのため、レシートや領収書を財布に入れっぱなしにしていたら、お金の居場所が悪くなり、金運に良いことがありません。

特にお金持ちの方の財布は、常に整理され、スッキリとしています。

日ごろからレシートや領収証は、家に帰ったら必ず整理することで、お金の家である財布が、お金にとって居場所のいい場所になりたくさんのお金を呼び込んでくれます。

たいして使わないポイントカードがいっぱい

お金持ちの財布の中には、余計なポイントカードなどあまり使うことがない物が入っていません。

財布の中にあまり使わないポイントカードやクレジットカードなどのカード類がたくさん入っている方は、一度見直しが必要です。

対策として、今は、ポイントカードもスマホアプリになっているものもたくさんありますので、財布に入れているポイントカードがモバイル化されていないかチェックをしてみて、財布の中にあるポイントカードは出してしまうと良いでしょう。

また、定期的に利用はするが、美容室や病院系カードなどあまり行かないけどモバイル化されていないポイントカード類は、自宅に保管し、利用する時だけ持ち出すようにするのがおすすめです。

できるだけ余計なものは財布の中には入れずに、スッキリとさせておくことが風水的に良い心がけとなります。

そこら辺にお財布を置きっぱなしにする

財布を床やキッチンなど、そのへんに置きっぱなしにしたり、カバンの中に入れっぱなしにしていませんか?

財布の扱い方と金運は密接な関係があるため、お財布を大切に扱うことで、金運アップにつながってきます。

たとえば、自宅では財布の所定の場所を作り、家に帰ってきたら必ずカバンから財布を出して、所定の場所に置くようにすると良い運気が流れ込むといわれています。

ボロボロに汚れたお財布を使っている

古くボロボロになってしまっている財布や穴あき、汚れている財布は、金運をとても下げるといわれています。

もし今、そのような財布を使っている方がいたら、すぐに新調することをおすすめします。

古い財布でも大切に手入れをしているものであれば問題ありませんが、何の手入れもなく古くボロボロの状態にってしまっているものは、金運を下げてしまう財布です。

また、汚れがついたまま放置しておくのもとてもよくありません。

もし財布が汚れてしまった場合は、すぐに汚れを取るなど、ケアをするよう心掛けてみてください。

中古のお財布を使っている

財布と金運の関係について考えてみると、中古の財布は金運を悪くすると考える人が多いのですが、それはどうしてなのか?

やはり、「以前の使用者の運気がわからない」という理由が一番です。

以前の持ち主さんが金運の持ち主か否かはわかりませんし、もしし金運に見放されていたとしたら、それを自分も引き継いでしまうかもと考えたら嫌ですよね。

「物には主の念が残る」とと言われますが、お金に直結するお財布に嫌な邪念が残っていたらと考えると運気下がってしまいそうで怖いです。

お財布にまつわる疑問や噂

金運のアップ方法で、長財布がいい。お札は下向きにする。財布は三年で買い替えたほうがいいなどの噂を耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか?

実際にそのようなよく聞く財布にまつわる金運アップの噂は本当なのでしょうか?

ここでは、その噂について紹介していきます。

お財布は3年で買い替えた方がいいって本当?

風水では財布の寿命は約3年と言われていますが、正確には1000日とされています。

3年以上使い続けると金運が徐々に下がってくると考えられ、これを過ぎるとお金がでていくといわれていますので、それまでに買い替えることが望ましいです。

ただし、財布の手入れをしっかりしていれば3年以上使っても問題ありません。

お札を下向きにして入れるとお金が貯まる?

まず、お札の順番は、手前から千円、5千円、1万円の順番にいれます。

お金を貯めるにはお札の向きを下向きにして入れるのがおすすめで、下向きはお金が出ていかずに貯まるといわれています。

ただし上向きでもよくて、お金は一旦出ていくが世の中に出回って社会貢献をした後、また帰ってくるといわれているので、上下どちらでも構いません。

大事なことはお札の向きを揃えておくことで、お札もマメに新札に交換すると、さらに金運アップにつながるので、もし悪い気がついたら、新札に交換するといいでしょう。

まとめ

以上、いかがでしたでしょうか?

本コラムでは、金運アップにつながるための財布の使い方について紹介しました。

まずは日ごろから心がけたり、できる範囲のことから実行してみるのもよいかもしれません。

世の中のお金持ちとされる人の財布は、いつもお手入れがされていて、財布の中も綺麗に整理整頓されていいます。

お金の住まいとなる財布を大切に使って、どんどん金運アップをしていきましょう。